解説Web講座!プログラマーへの道

挫折しないために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Javaを学びたい人はたくさんいると思います。そして、学び始めて途中で挫折してしまったという話もよく聞かれるところです。よく独学で学びたいという人がいますが、独学で学ぶ時の落とし穴をご紹介したいと思います。

本で覚えようとする

書店に行くと、多くのjava入門書が並んでいると思います。その本の分厚さから「これを読めば自分もjavaが習得できる」と思いがちですが、習得するまでの道はとても困難です。それは一つには本を執筆している人の多くがコンピューターのスペシャリストではありますが、ライティングの専門家ではありません。自分の持っているjavaの知識を解りやすい言葉に置き換えて文章にしていくことはとても難しいことです。さらに、これからjavaを覚えようとしている人に向けて書くなら尚更です。
そして、もう一つはプログラミングは実際に経験をしてみないと習得できない分野だからです。いくら知識だけが豊富になっても実践で使えなければ意味がありません。経験を少しずつ積み上げて覚えていくものです。

友人・知人に教えてもらう

もしあなたの周りに優秀なプログラマーがいたとしても、その人から教われば上手くいくものでもありません。それは人に教えるのはとても難しいことだからです。これはプログラミングだけでなく、全ての分野に言えることでスポーツで言うと、優秀な選手が必ずしも優秀なコーチになれるとは限らないということです。特にプログラミングの世界は専門用語の塊です。一つの用語をとっても、入門者にわかりやすく説明するとはとても技量がいることです。やはりプログラミングは教えるスペシャリストから学ぶのがよいでしょう。

Copyright (C)2017解説Web講座!プログラマーへの道.All rights reserved.