解説Web講座!プログラマーへの道

javaのしくみと特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Javaとは

Java は、1995 年に Sun Microsystems から初めてリリースされたプログラミング言語およびコンピューティングプラットフォームです。プログラミング言語とは人間が機械に指示を与えるために使われるものです。パソコンの中のソフトウェアなどを作るためのものでもあり、Javaはこうしたプログラムを作ったり、実行したりするためのものなのです。特にWeb系システムの開発において人気が高く代表的なプログラミング言語だと言えます。なぜ人気が高いのか、その理由をご紹介しましょう。

OSを選ばない

通常ならパソコンのプログラムはOSやCPUが違うと動きません。例えばWindowsのソフトをMacにコピーして使おうと思っても作動することができません。しかし、Javaで製作したプログラムはOS、CPUの種類にかかわらずどんな状況でも作動するようになっています。どうしてどんなOSやCPUでも動くかというと、Javaのプログラムは、パソコンの中にソフトウェアのパソコンを作り、その中で動くようになっているからです。そのパソコンはJava仮想マシン(Java Virtual Machine)略してJVMと呼ばれています。このJVMさえあれば、Javaはどんなところでも活用できます。携帯電話もJavaのソフトパソコンを組み込んだものがあるなど、Javaが使用できる機器は増加する一方です。
このようにどんな機械でも作動するプログラムですから、今後ますます注目されるプログラムであることは間違いないでしょう。

Copyright (C)2017解説Web講座!プログラマーへの道.All rights reserved.