解説Web講座!プログラマーへの道

JavaとJavaScriptの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
javaの名前は聞いたことがある人が多いようですが、実際のところjavaのことを正確に知っている人は少ないようです。特にプログラミングに関係がない人にはぼんやりとしたイメージしか持っていない人も多いのではないでしょうか。

JavaとJavaScriptは違うもの

「JavaScript(ジャバスクリプト)」はご存知の方、または名前を聞いたことがある人が多いと思いますが、JavaとJavaScriptは全く違うものなのです。JavaScriptは、Javaの仕様を一部取り入れて作られた、簡易プログラム言語です。プログラム言語としてjavaが大変優れているので、それを模倣してWebブラウザの中で使える簡単なスクリプト言語を作ったものがJavaScriptです。また、Java言語との互換性はありません。JavaScriptの大きな相違点は、基本的にWebブラウザやメールソフトなどの中で動くものなので、Javaのように本格的なソフトウェアの作成は不可能です。また、本格的なプログラムを作ったりすることはもちろんできません。そのかわり、簡単に高速なプログラム実行が可能でもあります。
また、javaとJavaScriptのもともとのルーツにも違いがあります。JavaのルーツはC言語、そのまた祖先もFORTRANという、極めて厳格性の高い言語です。一方JavaScriptはLispという言語がルーツとなっています。Javaは多くのIT企業の新人研修で学ぶものになり、情報系専攻の大学では必修科目となっています。今や職業javaプログラマーの人口は着実に増加しています。プログラマーにとってjavaはなくてはならないものになってきています。

Copyright (C)2017解説Web講座!プログラマーへの道.All rights reserved.