解説Web講座!プログラマーへの道

効率的な順番1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Javaをはりきって勉強しよう!と意気込んでみたものの、さて何から初めていいのかわからない人も多いのではないでしょうか?特にjavaは分野も幅広く、とてもたくさん覚えることがあるので、何から覚えてよいのか迷うこともあります。学習する内容の幅が広ければ広いほど順序だてて学習をしていった方が効率的に学べます。次に効率的な順番をお教えしましょう。

1.基礎的な文法

まずは「値」「変数」「制御構文」の3つをしっかりと学習しましょう。この3つは徹底的に頭に叩き込むくらいの勢いでもよいでしょう。「値」「変数」「制御構文」が学習できたら次は「クラス」「メソッド」「フィールド」について学習しましょう。
この3つは少し難しくなりますが、Java習得のためには基本となる知識ですので、しっかりと理解しておきましょう。これらの基礎があやふやな状態だと、先に行って苦労することがたくさん出てきてしまいますので、この段階でじっくりと丁寧に理解をしましょう。何事も基礎がしっかりしていると、後々役に立つものです。

2.AWT

基本的な文法を習得したら、AWT(Abstract Windowing Tools)の使い方を学習しましょう。ATWとはウインドウやメニューといった視覚的に操作するもの=GUIを作るための部品です。テキストエリアやチェックボックス、ダイアログなどを作成する時に使用します。AWTはJavaのもっとも重要な機能の一つなので、サーバー開発希望の場合でも関係ないとは思わないで学習してください。

Copyright (C)2017解説Web講座!プログラマーへの道.All rights reserved.